術後2年目検査

 17, 2016 22:30

大丈夫 思いながら 少し緊張

本日は 術後2年目検査



8時過ぎ 病院へ着いた

採血番号142番 30分程の待ち時間で助かった

『 利き腕と逆の腕を出してもらえますか 』

両腕の血管を見てもらっても いつも決まっている

いつも人気の左腕 どうぞどうぞ


採血が終わり 検査の静脈注射

『 右側を手術されてますので 左腕に注射しますね 』

採血された跡が目に入る

『 採血されてるので 注射はこちらの血管へさせてもらいますね 』

少し痛いと言われたけど 痛かったです


検査は2時間後 その間 胸腹部CT

CTが終わると 検査時間まで 本を読んで時間を過ごした

検査は20分くらい 骨シンチ終了


残すところは主治医との診察及び検査結果のみ

今回 診察までの待ち時間が長かった

予約時間に間に合うよう 検査は終わったんだけど

骨シンチが終わったのが11時半 診察は14時半に呼ばれた

診察予約は12~12時半だったけど 診察までの3時間は長かった


『 変わりないね 』 相変わらずの主治医

検査結果は問題なし

たわいない話と 次の予約をして 5分で終わった診察

待った時間を考えると 短い診察時間だけど

問題ないんだから 話すことないもんね


大丈夫 思いながら 結果をきくまではドキドキ

でも 不安はなかった

きっと 今 元気に過ごせているからだと思う


会計を済ませ 次は薬の順番待ち 

薬の引換番号890番 40分待って薬をもらい

病院をあとにした


家に着いたのは16時過ぎ 疲れた

ご飯を食べなきゃ 思ったけど 

疲れの方が大きく 甘いものが欲しかった

和栗のロールケーキがランチかな

お腹へりすぎて 写真撮るの忘れて食べちゃった



【 検査結果 】

■所見  <骨シンチグラフィ(Tc-99m MDP) > BONENAVI
  1)全身骨に転移を疑わせる所見は認めません。
 Impression
  骨転移を疑う所見なし

■所見  胸腹部CT 前回2015年10月26日と比較しました
  ・ 右乳癌術後。明らかな局所再発は指摘できません。
  ・ 肺野に明らかな転移巣は指摘できません。
  右上葉、中葉のRT後の影響と思われる線上索状影やコンソリデーションは
  著変ありません。
  ・ 腹部主要臓器に明らかな異常なし。
  ・ 明らかな骨転移、リンパ節腫大は指摘できません。
 Impression
  右乳癌術後
   明らかな再発、転移なし




確か持っていたはず 思って 昨夜 ゴソゴソ探し物

目的のものは見付かった 10年前に購入したものだった

10年前にも気になったこと でも実行しなかった

再度 内容を確認して決めた

自分磨きのひとつ まずは 毎日続けることからスタート




本日は ジャーマンポテト&蓮根のチーズ焼き と 柿♪

IMG_5317.jpg

IMG_5321.jpg




最後までお読みいただき有難うございます。
ランキングに参加しています
ポチッとして頂けると嬉しいです 応援ありがとうございます♪
   ↓       

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

乳癌と言われた日から2年

 12, 2016 21:45

『 乳癌ですね 』

先生に告げられて 私は凍った


あれから2年


不安に包まれていた頃は

時間が過ぎるのが遅く

いち日がとても長く感じた


仲間や見守ってくれる人に支えられ

病気が見付かる前と 今は変わらない生活ができている

見守ってくれたことに感謝 ありがとう

支えてくれたことに感謝 ありがとう


不安が消えたわけではない

ただ 未来を不安に思いたくないから

自分に出来ること 色々挑戦しようと思った

気になったものは試してみる

試しながら 楽しんでみる

変化があったら 嬉しいから


元に戻ることはできない

でも 変えることは出来ると思う

1年後 今より自分を好きになっていたい



乳癌と言われた日から2年

本日は 自分へ プチお祝い

IMG_4313.jpg

昼2個 夕方1個 夜1個 全て完食~♪



最後までお読みいただき有難うございます。
ランキングに参加しています
ポチッとして頂けると嬉しいです 応援ありがとうございます♪
   ↓       

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

判定基準

A (1) この検査の範囲内では 現在のところ異常ありません

B (2) わずかに基準値を外れていますが 日常生活に支障はありません
     定期健診での経過観察をお勧めします

C (3) 生活習慣の改善 または症状に注意して 経過観察して下さい

D1(4) 治療を必要とします 医療機関を受診してください

D2(5) 精密検査を必要とします 医療機関でご相談ください

D3(6) 現在治療中 または医療機関で精密検査中のもの
     医療機関での指示 治療を続けてください

病院によって 判定結果のランクは違うけれど 内容は殆ど同じ

先日受けた 人間ドックの結果が届いた


当日の検査結果では 教科書に載せたいくらい胃がキレイとか

たくさん良いことを言ってくれたのに 結果を見て驚いた

昨年C判定は貧血のひとつだけだった 今回は5つ

IMG_3968.jpg

C判定になったのは 

腹部超音波・・・・胆嚢ポリープ

循環器検査・・・・BNP23.2 (基準値0~18.4)

血液一般・・・・・RBC Hb Ht MCHC 4項目基準値未満

身体計測・・・・・BMI18.3 (基準値18.5~24.9)

肝臓・膵臓機能・・血清総蛋白 アルブミン コリンエステラーゼ 3項目基準値未満


B判定になったのは 眼科的検査 脂質 尿検査 心電図 そして 診察

昨年と殆ど一緒だけど 診察のB判定は納得いかない

今回の理由 『 左乳房術後瘢痕 』 

先生に言いたい 昨年は異常なしだった そして 先生から見たら左だけど右乳房です


昨年より良かったものより 悪くなった項目が多い

一番のショックは 胆嚢ポリープ 当日の説明では聞いていなかった

早速 胆嚢ポリープについて調べてショック

ポリープが大きくなったら癌になる可能性があると書かれていた

そして もっと良くないことも考えてしまう 

胆嚢癌 考え過ぎだけど 調べて気持ちが落ちる


消えて無くなって下さい

大きくならないで下さい 

ガンにならないで下さい



考え過ぎて呼び込まないようにしなくちゃ

大丈夫 大丈夫 きっと 大丈夫

病気を寄せ付けないカラダ作り 

頑張ると決めたんだから 

今できること 頑張らなくちゃ



最後までお読みいただき有難うございます。
ランキングに参加しています
ポチッとして頂けると嬉しいです 応援ありがとうございます♪
   ↓       

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

人間ドックで発見された癌

 30, 2016 21:10

父の命日から数日 

色んなことを考え気持ちが落ちてしまった

考えても仕方ない

今 できることを頑張るしかない



『 あれから8年...よく頑張ってるな って 

 いつも見守ってくれてるよね 』

『 幸せな日々を送っています。

 まだまだ頑張ります。 これからもよろしくね! 』

父の命日 母とメールでやり取り


同じ日 人間ドックを受けた病院の看護師さんから

先生から話があるとの連絡

『 驚かれるかもしれませんが 癌が見付かりました 』

連絡を受けたのは 一緒に人間ドックを受けた母


人間ドックで胃カメラの検査の時 

赤い所があると言われて 細胞を採取されていた

細胞を調べた結果 『 胃腺癌 』 と判明したとのこと



胃腺癌 どのような癌なのか検索


胃癌とは胃にできる悪性腫瘍のことを指します。
胃癌は胃という臓器にできる悪性腫瘍のことを指すのに対して
胃腺癌はその中でも特定の部位にできるものを指します。

では、胃腺癌とはどのような癌であるのかというと
胃の壁の部分の粘膜層から発生するものとなります。

つまり、胃の壁の粘膜層に癌細胞が発生する癌となっていて
胃癌全体で考えても胃腺癌がほとんどを占めています。

悪性腫瘍であることから治療をしないと体のさまざまな部分に
転移してさまざまな影響を与えます。

胃腺癌の場合においては癌細胞が胃壁を浸潤して胃の粘膜下層、
筋肉層、腸膜層に広がることもありますし、リンパ節に広がることもあります。
リンパ節に転移することによって、肝臓など重要な臓器に転移することもあります。



15年前 膵臓を3分の2 脾臓を全摘している母

『 元気なのに 手術をして病人になる 』

当時 何度も聞いた言葉

今回も手術が必要だろうけど 前向きな母

『 早期発見だから 早く治さなくちゃ 』


今回 人間ドックで発見された母の癌

2年前の人間ドックでは 私の癌

癌が発見されてから 毎年 人間ドック

見えない病気 感じない病気 早期発見するためにも

そして 自分の健康状態を確認するためにも 

年に一回 人間ドック

そして 病気を寄せ付けないカラダ作り 頑張りたい



最後までお読みいただき有難うございます。
ランキングに参加しています
ポチッとして頂けると嬉しいです 応援ありがとうございます♪
   ↓       

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

検査はドキドキ

 26, 2015 21:14

緊張しながら 病院へ向かった

採血を終え 本日メイン検査を受けに


採血と反対の腕に注射1本 痛くはなかった 

『 11時半になったら また戻ってきて下さいね 』

2時間半後 検査開始

検査までの間で CT検査

何も見付かりませんように 心で願った


CT検査を終えメイン検査まで 病院の中庭で

読書をしながら日向ぼっこ

IMG_2149.jpg

ゆっくりした時間を過ごし 気持ちが少し落ち着いた


『 今 どこ? 乳腺外来にいるんだけど? 』 メールが届いた

『 日向ぼっこ中 そちらへ向かいます 』 と返信

今日が通院日の同病仲間 会うのは久しぶり

以前会った時は ウィッグ姿だったので 自毛で会うのは始めて

彼女は帽子姿 帽子を脱ぎ 今の姿を見せてくれた 3センチくらい

7ヶ月で自毛デビューしたことを伝えると あと4ヶ月と嬉しそうだった

そして私の髪型 とても褒めてくれた ありがとう

彼女も 今日は検査日 朝も同じくらいの時間に入っていたみたい

帰る間際 メールに気付いたとのこと 顔が見れて良かった


さあ 時間がきた 検査を受けに

CTは下着を脱いだけれど 今回は大丈夫とのこと

金属のものがあれば外して下さいと言われ コルセットだけ外した

どの検査も ジッと横になっているだけ 検査は20分程で終わった


次は診察 でも結果が出るまで少し時間が掛かるらしく

病院でランチ 本日のランチA を頂いた

IMG_2153.jpg


診察室の前 大勢の人 1時間半 経っても呼ばれない

昼食を食べたからか 睡魔が襲ってきた

緊張してたのが 緩んできたのかな

それから少しして 順番がきた

『 どうでしたか? 』

『 また見てないんよ 。。。。。。  大丈夫だな 』

大丈夫の言葉に ホッとした


パソコンで確認した後 プリントアウトしてくれた 検査報告書

**核医学 **
所見 【 骨シンチグラフィ 】
1) 全身骨に転移を疑うような明らかな異常集積は指摘できません。
2) 左胸鎖関節ないし左第1胸肋関節付近の集積がやや高くなっていますが
   乳癌治療後ほぼ1年とのことですので、フレア現象かと思われます。
Impression
   明らかな骨転移の所見なし

**CT**
所見
 右乳癌術後。
 肺転移や肝転移を疑う病変は認めません。
 有意なリンパ節腫大や胸水、腹水は認めません。
 右肺、上中葉の線状索状影や限局した浸潤影は放射線照射に伴う陰影と思われます。
 その他、特記すべき異常は指摘できません。
Impression
 右乳癌術後
 再発・転移なし


出血の件 伝えたけれど やっぱり以前と同じ

でも 調べるたびに数値は徐々に下がっている

今回の採血 FSH 24.6

元に戻る(生理になること)はないと主治医

毎回 同じ返事と共に 乳癌には関係ない と付け加える


転移は見付からなかった

乳癌は転移や再発 いつになったから大丈夫とは言えないとのこと

10年以上経ってから転移や再発する人もいる 腸は5年経ったら大丈夫 

骨シンチの注射を受けながら言われた 

私は乳癌 ずっとずっと不安と付き合わないといけない でも

不安を抱えても 小さな幸せを幾つも重ねて 幸せで不安を包み込む

検査はドキドキだけど また大丈夫が貰えるよう

毎日を楽しく 過ごしていきたい


最後までお読みいただき有難うございます。
ランキングに参加しています
ポチッとして頂けると嬉しいです 応援ありがとうございます♪
   ↓       

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

WHAT'S NEW?