ステロイド

 19, 2014 22:11

そろそろ完治の希望を抱きながら 肺炎の通院


採血とレントゲン後 診察へ

乳腺の主治医から

血液検査もレントゲンも問題なし

薬は半分に減らし 2週間飲んで終わり

ホルモン療法については開始

血液検査で ホルモン分泌はされてない数値になっている

生理はないけれど 抗癌剤の影響で止まっているから

時々 血液検査で確認することにして

閉経後の薬を使うと 副作用が強く出やすいので

閉経前の薬を飲むことになった


放射線の主治医から

レントゲンは問題なし

薬が半分になり 2週間飲むこと

ホルモン療法をすることになったことを伝えると

えっ それは う~ん と言われ

乳腺の主治医に直接電話連絡 先生同士の話し合いの結果

薬を2週間飲んで 2週間様子見することになった

薬を止めたとたん リバウンド症状が起こることがある

薬を飲みながら ホルモン療法を開始したら

リバウンド症状が出やすく 出ると ホルモン療法を中止して

肺炎治療を 始めからの再スタートとなり 治療が長くなるとのこと


リバウンド症状が起こらないのを確認してから ホルモン療法

ホルモン療法は 1ヶ月後からの予定


ステロイドを飲み始めると 徐々に量を減らす

薬を止めるまで 時間が掛かる

それだけ 薬で抑えてて カラダに影響してるってことかな

先生によって意見が相違する事もあると思う

先生も患者も 納得して良いと思う治療が出来れば 一番いい


復職については 許可をもらえた

診断書も急いで書いてくれることになった

復職の 歯車が動き出した




【 処方された 薬 】

○ プレドニン錠5mg
    1日1回 14日分 朝食後 1回1錠

○ セルベックスカプセル50mg
    1日3回 14日分 朝・昼・夕食後 1回1Cap

○ タモキシフェン(ノルバデックス)錠20mg
    1日1回 30日分 朝食後 1回1錠

タモキシフェンは処方されたがホルモン療法延期で
飲まないことになったので保管しておく
 


ポチッとして頂けると励みになります☆
   ↓  

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

肺炎の通院

 05, 2014 23:22

寒い朝 肺炎の通院


採血とレントゲン後 診察へ

乳腺の主治医から

薬で落ち着いているだけだから

急に止めたら 戻ってしまう

薬の量を徐々に減らして様子をみる

まずは今の半分の量にして 2週間様子見

ホルモン療法は 肺炎が治ってから


放射線の主治医からも

完全に治らないまま 次の治療をしても

肺炎になるから 完治してから 


自分のなかで治ったつもりでいた

熱も出ていない 咳も殆ど出ていない

レントゲン写真 一度肺炎になったら

あとが残るから レントゲン写真

常に少し白い状態でも問題なし とか

薬の量で様子みて 再発するかどうか

判断するしかないのかな

薬剤性だから?放射性だから? 通常の肺炎だったら? 

診察後 色々考えてしまった

まだ治療が続くことが少し悲しい


復職についても聞いてみた

1月から復職予定だが

乳腺の主治医 復職は可能 と言われた

放射線の主治医 薬を止めた途端 体調を崩すこともある

復職してから 休むのが難しいのであれば

治ってからにしても良いのでは と言われた


放射線治療が終わったら 復職するつもりだった

抗がん剤治療を受けることになり 復職延期

生活のため 仕事はしないといけない

でも いざ復職が出来るとなると 不安

仕事に対して 環境に対して 人に対して

色んな不安が 溢れてくる

一度復職すると 休みを取ることは難しい

これ以上 迷惑は掛けたくない

今迄 たくさんの迷惑を掛けてきたから

休職が長くなった分だけ 不安が大きくなった


いつから こんなに弱くなったのだろう

弱い人間だったと 気付かされる



【 処方された 薬 】

○ プレドニン錠5mg
    1日1回 14日分 朝食後 1回2錠

○ セルベックスカプセル50mg
    1日3回 14日分 朝・昼・夕食後 1回1Cap 



ポチッとして頂けると励みになります☆
   ↓  

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

放射性肺炎?

 28, 2014 22:00

朝から 病院へ

薬剤性肺炎検診 と 放射線治療3ヶ月後検診


採血 18人待ち 多くなかった

レントゲン 『 息を大きく吸って 止めて下さい 』

3日前は 普通に息を吸うことも 苦しかった

今日は 大きくに少し足りないくらい 吸えたかな

レントゲン時 帽子をかぶったまま 自分で変だと思った

でも 今日は つけ毛タイプ 帽子を脱ぐとネット 脱げなかった


薬剤性肺炎検診

血液検査 問題なし レントゲン写真の見比べ

3日前より 白い部分が少し薄くなっている 良かった 

熱も下がっている 息も少し楽になってきている

また一週間後に 来院


放射線治療3ヶ月後検診

抗がん剤治療が中止になったこと 3日前のことを伝える

主治医は 薬剤性肺炎 でなく 放射性肺炎 とのこと

放射性肺炎?

肺炎が完治したら 抗がん剤治療ができる

但し また肺炎が起こるかもしれない とのこと

結局 同じ意味 と思いながらも 少し疑問符が残る

また1週間後に 来院


薬剤性肺炎 でも 放射性肺炎 でも 早く治ってほしいな



ポチッとして頂けると励みになります☆
   ↓  

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

薬剤性肺炎

 26, 2014 20:00

昨夜 落ち着いて 眠ることができた

昨日より 少し 元気になった


昨日のこと


微熱が続いてる 咳も出てる 風邪薬でも貰えたら

そんな気持ちで 病院へ連絡

状況を伝えると 主治医に確認後 折り返しの連絡

今日か明日 午前中に来院して下さい との連絡 

週末の 抗がん剤治療が 延期になったら と思い

準備をして すぐに受診


10時 病院へ到着

主治医 今日は 外来には出ていない

院内にいるから 診てもらえた

採血をしたが 白血球も多く 問題ない

血圧と脈拍 脈拍105 高い

聴診器で胸や背中から 音を聞く

少しの音の違い レントゲンを撮ることになった

レントゲン 9月の放射線治療の際にとったものと 比較

明らかに 白い 体調不良の原因がわかった

『 薬剤性肺炎 』 抗がん剤の薬により肺炎になっていた

週末の 抗がん剤治療は 中止と決定

抗がん剤治療をすると 状態が酷くなり 

これから ずっと 肺を悪くしたままになる 可能性がある

私の 抗がん剤治療の目的

今後の 再発防止のためのもの

どうしても しなくてはいけないもの ではない

今 無理をして 体を痛める必要も ない

今迄の症例 を交え 説明を受けた

でも 念の為 専門医にも診てもらうことになった

呼吸器内科の先生へ 紹介状を書くから と

呼吸器内科へも受診 主治医と同じことを言われた

主治医と 再度 今後の治療について話した

抗がん剤治療は 中止

薬剤性肺炎を治療し 治療が落ち着いてから

次の治療予定 ホルモン療法をすることになる

全て終わったのは 15時 

待ち時間を入れ 5時間 疲れた


風邪薬をもらうつもりで受診 結果は 全く違った

決断するのに 時間が掛かった 抗がん剤治療

4回目も頑張ろうと 思っていた分 力が抜けていった






昨日 レントゲンを撮った時のこと

病院へ行くとき 採血はあると思っていた

でも レントゲンは考えていなかった

当日の服装 寒かったので タートルネック

ウィッグの私には 大変

① ウィッグ脱着
② 服を脱ぎ レントゲン服へ
③ ウィッグ装着
④ レントゲン
⑤ ウィッグ脱着
⑥ レントゲン服を脱ぎ 服を着る
⑦ ウィッグ装着

髪が無いから 4工程多い

鏡が無いから ズレていてもわからない

終わったら イソイソと トイレに行って チェック

レントゲン室では 大変! 思ったけど

後で 自分の行動 笑ってしまった

大変でも 笑い話になることもあるね


金曜日は 予定してた 抗がん剤治療の日

抗がん剤治療が予定通りなら の理由で

放射線治療 3ケ月後検診が入っている 

今回の件で 延期になると思った すると 主治医

放射線治療の 先生の意見も 聞いてごらん

との理由から 予定通り受診 勿論 乳腺甲状腺外科も

レントゲン 頻繁に受けても大丈夫? と思うけど

抗生物質を 昨日から 飲み始めたから

どれだけ 白いものが 薄くなっているか 確認もできる

でも 主治医 スゴイと思った

患者へ納得させるためか 他の先生の意見を聞かせてくれる

私は既に 納得してるけどね 



まだまだ 治療は長い 今回のことは一つの出来事

これからの治療 頑張ります!



薬剤性肺炎の薬

○ プレドニン錠5mg(薄桃)
    1日2回 11日分 朝・夕食後 1回2錠

○ セフカペンピボキシル錠100mg(薄桃)
    1日3回 5日分 朝・昼・夕食後 1回1錠


IMG_1228.jpg



ポチッとして頂けると励みになります☆
   ↓  

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

WHAT'S NEW?